生活発見倶楽部

失敗例に学ぶ満足度の高い格安スマホ

各キャリアの通信費が中々下がらない中、格安スマホがますます注目されています。
CMや広告などでも度々登場し、その圧倒的に安い通信費で人目を引く格安スマホですが選び方を間違えると失敗することもあります
。実際に格安スマホを契約した方の中にはキャリア時代よりも通信費が高くなったという方もいらっしゃるのですが、ここでは多くの方に共通する失敗を学びながら満足度の高い格安スマホの選び方について見ていきましょう。

 

格安スマホはプランによってはこれまでの通信費の半分以下や3分の1程度に抑えることが出来るので非常に魅力的ですが、注意すべきなのは通話料です。
大手キャリアの場合にはかけ放題プランが適用されるので、通話料を特別に気にする必要は無くなりましたが、格安スマホの場合には当然通話時間の分だけ通話料が発生します。プランや業者によってはこの通話料がかなり高額になることがありますが、仕事やプライベートで電話をよく利用する方は事前に月々の通話時間などを考慮した上でプランを選ぶ必要があります。

 

参考サイト:格安スマホ

 

女の人生と男のむしのよさ

昔昔は、子どもの時は親に従い、嫁いでは夫にしたがい、老いては子に従い、なんて女の人には都合の悪いこと言われていました。
でも、実際は夫を尻に敷いたり、息子を支配したり、とてもそのままというわけではなかったんじゃないかと思います。
男の人は幻想を求めますからね。
よく、古風な女の人が好き、などという若者がいますが、「古風」っていつごろのことをいうのでしょう?
だって、専業主婦が現れたのは大正期、専業主婦率が一番高かったのは昭和40年半ばくらいだっていうんですから。
女の人がおとなしく家にいるってのは男の幻想ですね。
最近では、家事も仕事もやって欲しいって男も増えてますし、男はむしがいいです!