生活発見倶楽部

両親に格安スマホをプレゼント!

私の両親は共に今年で60歳です。これまでは二人ともガラケーを使っていました。
理由は、「パソコンがあれば十分、スマホは高いから」です。
そんな2人に、いつもの感謝を込めて格安スマホを私名義で契約、プレゼントしました。口ではああ言ってましたが本当は欲しかったのは知っていたので、予想通りサプライズは大成功に終わりました。

 

 

格安スマホをプレゼントして、両親ははじめ、設定で迷っていました。初めてだとややこしいよね...と、機械音痴な私も一緒に格闘しながら初期設定をしました。

 

設定ができて、早速使ってみると、これまでとは使い心地が全然違うのでしばらくは「やっぱりガラケーの方がいい」なんて言ってましたが、だんだんなれてきた頃には「これ、高いんだろ?」と通信料の心配してくれるように。
なので、明細を見せました。二人とも驚いていました、ガラケー時代とほぼ変わらないのですから。
今では二人とも立派な格安スマホユーザーです。プレゼントしてよかったと思います。
参考サイト:格安SIM

失敗例に学ぶ満足度の高い格安スマホ

各キャリアの通信費が中々下がらない中、格安スマホがますます注目されています。
CMや広告などでも度々登場し、その圧倒的に安い通信費で人目を引く格安スマホですが選び方を間違えると失敗することもあります
。実際に格安スマホを契約した方の中にはキャリア時代よりも通信費が高くなったという方もいらっしゃるのですが、ここでは多くの方に共通する失敗を学びながら満足度の高い格安スマホの選び方について見ていきましょう。

 

格安スマホはプランによってはこれまでの通信費の半分以下や3分の1程度に抑えることが出来るので非常に魅力的ですが、注意すべきなのは通話料です。
大手キャリアの場合にはかけ放題プランが適用されるので、通話料を特別に気にする必要は無くなりましたが、格安スマホの場合には当然通話時間の分だけ通話料が発生します。プランや業者によってはこの通話料がかなり高額になることがありますが、仕事やプライベートで電話をよく利用する方は事前に月々の通話時間などを考慮した上でプランを選ぶ必要があります。